ポケットwifiのメリットは環境で変わる

ポケットwifiは外に持ち運びができるため、外出先でもネットを楽しめるという利点があります。
ネットに繋げて使うあらゆる機器の基点になるものであり、これ一つあればパソコンやスマホ、タブレットなど、最大で十個繋げることが可能です。
(機種によって違いあり)

ポケットwifiの最大のメリットは持ち運びが可能だということ。
外でも使う人にこそモバイルルーターは力を発揮します。
しかし、最大の問題は、接続業者が提示する最大速度はまず出ないという事でしょう。

LTEのポケットwifiもWiMAX2のポケットwifiも表示されている速度は前述どおり、最も良い電波環境で測られた最高速度です。 最高速度はまず出ないと考えておきましょう。
引用元:ポケットwifi

最高速度はあくまで目安であって、最高速度でポケットwifi接続業者を選ぶべきではありません。
引用サイトのいうとおり、対応エリアこそが重要なんです。

ポケットwifiは接続環境によって速度は大きく変わるので最高速度はアテになりません。

格安スマホは契約次第!!情報収集が最重要!!

iPhone歴5年の主婦です。
iPhoneは本体も高いし、月々の通信料が馬鹿にならないとよく聞きます。
普通に契約するとそうかもしれませんが、実は特別お安くiPhoneを持つことができる方法があるのです。

これは私の実体験に基づいたお話です。

約2年前、私のiPhoneはいわゆる「縛り」の2年が終了する目前でした。

最新のiPhoneが欲しかった私は、 Twitterで近所のauショップ・ドコモショップ・ソフトバンクショップの「つぶやき」を拾い集めていました。

そしたらなんと!!最寄りのauショップが、その週末土日のみ 100台限定で、「他社からの乗り換えをした方」は、本体機種代金が無料と言うことではありませんか!!!しかも同時にauひかりに入ると、さらに割引があるというのです!!

これには、私たち夫婦も興奮しましたね〜。

善は急げと、早速2人でauショップに向かいました。

店内は、 iPhone本体を無料でゲットしようとしているお客さんでいっぱい…自分たちの番はまだかまだかと、イライラしながら待っていましたが、「えぇ!?」と耳を疑うような情報が…。

「 お二人ペアで、他社様からauへ乗り換えると、電話かけ放題込みで、 1台2,000円〜 3,000円でお使いいただけます。」と言うことなのです!!

当時夫婦ともソフトバンクに入っており、 1台7,000円から1万2,000円も払っていました。

結局、 夫婦揃ってソフトバンクからauへ乗り換えました。もちろんauひかりも契約で。

今現在我が家の通信料金は、 iPhone2台、 auひかり、子供の携帯代も含めて 1万2,000円ポッキリなのです。 自慢ではありませんが、はい、自慢です(笑)

「SIMをうまく利用する」とか他にも色々な裏技があるようですが、やはり情報収集や行動力が 1番の格安スマホへの近道となるようですね!!

格安スマホはそれぞれの特徴を理解することが大切です

通信費の生活に占める割合は非常に大きいといえるでしょう。
そのため、出来るだけ小さくしたいと考える人が多いのは事実です。
そういう需要に応えるために登場したのが格安スマホです。
実際に多くの業者がありますが微妙に異なるので、契約するときにはサービスの内容を十分に考えて選ぶ必要があります。
いくら通信費を節約するといっても、事実上使えないサービスでは意味がないからです。
まずは自分の携帯電話の使い方を把握することから始めましょう。
通話は絶対に欠かせないのか、もしくはデータ通信だけで良いのか、という点だけでも大きく違ってきます。
自分のニーズに合った会社と契約をすることが重要です。
最近では非常に細かく料金設定が出来るようになっている業者もあります。
大手キャリアのような固定型の料金設定ではないので、必要な分を必要なだけ使うことが出来ます。
しかし、その分使用した量に気を配る必要が出てきます。
自分で無料通話アプリを使用して通話をするなどの方法を採らないとデータ通信料金が思わず上がってしまう可能性も出てきます。
他には、携帯電話会社専用のメールアドレスが使用できないので注意が必要です。
代わりにフリーのメールサービスなどを利用することになります。
しかし逆に言うと、そういう点に注意をすれば通信料金を非常に安く抑えることが出来る魅力的なサービスです。
格安スマホは販売している会社のサービスの特徴を把握して賢く使うことが大切です。